番外編の鳥たち

2018年


このページでは、旅行などで訪れた見沼以外の地域で観察した鳥たちを紹介します。

                                                                     ホームへ

2018年4月16日− 日光 
2018年4月4日− 八重山諸島
2018年4月2日 秋ヶ瀬公園 
2018年3月28日 奥日光 
2018年3月16日- 石垣島・西表島 
2018年3月12日 秋ヶ瀬公園 
2018年3月4日 北本自然観察公園
2018年2月26日 秋ヶ瀬公園 
2018年2月19日 北本自然観察公園 
2018年2月9日  秋ヶ瀬公園
2018年2月7日 荒川中流域 
2018年1月14日− 九州ツアー
2018年1月11日 伊佐沼 他

                     日光
                                       2018年4月16日−17日

 夏鳥を求めて車中泊で日光に行ってきました。まずは昨年初めて訪れオオルリやキビタキを観た小倉山森林公園へ。森の中に様々な施設が散らばっており季節になると人で一杯になるのかもしれませんが、この時期、施設は締まっており人が全くいない中で探鳥。でも鳥の声は聞こえずヤマガラミソサザイのみ。夏鳥はまだ来ていないようでした。その後、裏東照宮や寂光の滝などを巡りましたが、残念。戦場ヶ原に移動。三本松で昼食後、赤沼から探鳥。帰ってくる鳥見人に鳥果を聞くとベニヒワがまだ居るとのこと。ポイントに行くと40分前に出たとのこと。少し待つが気配がないので先へ進む。木々の間から戦場ヶ原が見えるあたりで夏鳥のノビタキ。まだ完全な夏羽にはなっていませんでした。ポイントに戻って1時間近く待ったものの、ベニヒワは現れず。5時を回ったころ、車中泊のため湯本に移動。湯ノ湖にはキンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモの小群に夏羽のカンムリカイツブリ1羽。7時半、気温5度、駐車場で車中泊しているのは自分のみ。
 翌朝は5時に起きて緑のタヌキを食べて6時前には赤沼に移動。途中、20羽近くのキレンジャクアトリの群れと一緒に車道沿いのカラ松に。3月に来た時に、すでに去ったと聞いていたので驚きでした。赤沼を起点に探鳥。朝早いせいか鳥が近い。ゴジュウカラコガラ、ヒガラが間近を飛び回り、キバシリが3羽、目の前の木を登っては降りてきてまた昇るを何度も繰り返していました。漂鳥のアオジアカハラが来ていましたが、キビタキなどの夏鳥は結局見つけることはできませんでした。ベニヒワも午前中、ポイントに何度も訪れたのですが結局、ダメ。来年に持ち越しとなりました。今月中に再度夏鳥を求めて訪れることになりそうです。 
 鳥たち : 39種
1.トビ 2.ノスリ 3.キジ 4.アカゲラ 5.コゲラ 6.ツバメ 7.イワツバメ 8.ハクセキレイ 9.ヒヨドリ 10.モズ 11.キレンジャク 12.ミソサザイ 13.ノビタキ 14.アカハラ 15.ウグイス 16.エナガ 17.ヤマガラ 18.シジュウカラ 19.ヒガラ 20.コガラ 21.ゴジュウカラ 22.キバシリ 23.カシラダカ 24.アオジ 25.アトリ 26.カワラヒワ 27.マヒワ 28.ニュウナイスズメ 29.スズメ 30.ムクドリ 31.カケス 32.ハシブトガラス 33.カンムリカイツブリ 34.カワウ 35.マガモ 36.ヒドリガモ 37.キンクロハジロ 38.hシハジロ 39.オオバン
ノビタキ 
夏鳥第一陣。3羽確認できました。
アカハラ
里から登ってきました。
 アカゲラ 
オス同士で争っていました。
アトリ 
戦場ヶ原の彼方此方で観ることができました。
マヒワ
ベニヒワは混じって
いませんでした。 
キレンジャク 
20羽近くの群れが
まだ居ました。
キバシリ
3羽が一緒に行動していました。 
ゴジュウカラ 
 ヒガラ コガラ       
 
                    八重山諸島
                                        2018年4月4日-8日 

 2週間前に行ったばかりの八重山諸島に、また行ってきました。今回は、娘夫婦、義兄夫婦の3家族で石垣島に宿泊しての観光中心の旅行です。西表島の奥にある滝を見にハイキングしたり、水牛が引く車に乗って海を渡ったりと、前回の探鳥ツアーでは経験できなかった年齢相応の観光を楽しんできました。今回訪れた石垣島、西表島、竹富島は初夏の太陽と濃い緑、様々な極彩色の花にあふれ、その中を野鳥が飛び交い、たくさんの蝶が舞い、自然大好き人間にって至福の時間を過ごさせてもらいました。
 石垣島では前回のツアーで巡ったバンナ公園や田んぼ周り、その他のポイントを回りました。確認できた野鳥は前回に比べたらみじめなものでしたが、カンムリワシには2回出会えました。またシロハラクイナは前回より多く見られ、車の前に飛び出すシロハラクイナを避けながらのスリリングな運転を強いられました。蝶はオオゴマダラやシロオビアゲハ、リュウキュウアサギマダラがいたるところでみられました。竹富島の植物園でみたオオゴマダラのおもちゃのペンダントのような金色の蛹は驚きでした。西表島では浦内川を船で遡行し、2つの滝を見るため船着き場から往復1時間半ほどハイキング。鳥の姿はないもののジャングルの雰囲気を味わえました。同じグループで同行された方は、イリオモテヤマネコに遭遇できたとのこと。警戒心が強く観光クルーザーの運転手でも10年で2回ほどしか見たことがないとのことで、この方、運を使い果たしてしまったのでは・・・
 4泊5日の旅行でした。石垣島は一日で主要な観光地を巡ることができますが、探鳥ポイントになりそうな場所は島の彼方此方にあり、本来ならじっくり腰を落ち着けて自然観察をすべき場所です。
 鳥たち : 24種
1.カンムリワシ 2.ハヤブサ 3.コウライキジ 4.リュウキュウキジバト 5.チュウダイズアカアオバト 6.ツバメ 7.リュウキュウツバメ 8.キセキレイ 9.イシガキヒヨドリ 10.リュウキュウサンショウクイ 11.シロガシラ 12シマアカモズ 13.イソヒヨドリ 14.セッカ 15.イシガキシジュウカラ  16.リュウキュウメジロ 17.スズメ 18.オサハシブトガラス 19.アマサギ 20.クロサギ 21.イソシギ 22.チュウシャクシギ 23.シロハラクイナ 24.オオバン
カンムリワシ  ハヤブサ若鳥  シロガシラ  シマアカモズ  イソヒヨドリ 
チュウシャクシギ  クロサギ     

オオゴマダラの成虫、幼虫、蛹  リュウキュウアサギマダラ  イシガケチョウ 
イロオビアゲハ  メスアカムラサキ  オキナワハクセンシオマネキ  ミナミトビハゼ  ヤドカリの一種 

石垣島市街地  川平湾  玉取崎  西表島 浦内川 
マリュドウの滝  カンビレーの滝  サキシマスオウノキ     
 
                    秋ヶ瀬公園
                                    2018年4月2日 晴れ 9:00-11:15

 冬の名残の鳥たちを期待して秋ヶ瀬公園に行ってきました。普段の日だというのにカメラマンが大勢来ていました。希少種は抜けてしまったのか、今日は出てきていないようです。ヒレンジャクは17羽が残っており、ヤドリギから場所を変えてキヅタの実を食べているようです。どうもこのような場所は苦手なもので、他を回ってみました。ウグイスのホーホケキョも上手になってきました。藪の中からアオジ地鳴き。ツグミもまだたくさん残っています。用水路にはコガモ。田んぼではヒバリの囀り。今日一番の元気者はガビチョウでした。いたる所で大きな声を張り上げていました。
 鳥たち : 19種
1.キジ 2.コジュケイ 3.キジバト 4.ヒバリ 5.ヒヨドリ 6.ヒレンジャク 7.ツグミ 8.ウグイス 9.シジュウカラ 10.アオジ 11.カワラヒワ 12.ベニマシコ 13.スズメ 14,ムクドリ 15,ハシブトガラス 16.ハシボソガラス 17.カルガモ 18.コガモ 19.ガビチョウ
 ベニマシコ
夏羽に移行中のようです。
ヒレンジャク 
17羽がまだ残っていました。
ガビチョウ 
今日、一番元気でした。
 
                     奥日光
                                    2018年3月28日 晴れ 9:20-13:00

 久しぶりに日光戦場ヶ原に行ってきました。ベニヒワやレンジャクの話を聞くものの、この時期、なかなか行けなかったのですが、雪も溶けたようなので出かけてみました。気温は思いのほか高く、15度。カラ類の声がよく聞こえる。湯川の対岸に今季初めて見るマヒワ。ベニヒワがいないかと探しましたが、出会った鳥見人に聞くとまだ居るようなのですが、出が悪いとのこと。レンジャクも去ったとのことで、がっかり。仕方なく、木道沿いをハイキング。鳥の成果はみじめでしたが、久しぶりの高原の空気をいっぱい吸って大いに満足でした。
 鳥たち : 17種
1.トビ 2.ノスリ 3.セグロセキレイ 4.ハクセキレイ 5.ヒヨドリ 6.カワガラス 7.エナガ 8.シジュウカラ 9.ヒガラ 10.コガラ 11.マヒワ 12.ハシブトガラス 13.カワウ 14.マガモ 15.コガモ 16.ホシハジロ 17.オオバン
 ヒガラ カワガラス  ホシハジロ 
 
                   石垣島・西表島
                                    2018年3月16日-21日

 鳥友Mさんと5泊6日で八重山諸島の石垣島と西表島に探鳥に行ってきました。春らしくなった関東をジェット機で飛び立ち、わずか3時間で初夏のサンゴ礁に到着。初めての八重山諸島では、初見の鳥も多く、また八重山独特の亜種に会えるのも楽しみ。
3月16日 石垣島 曇り時々雨
 到着時は、あいにくどんよりとした曇り空で猛烈な湿気。早速、タクシーでバンナ公園へ。すでに4時半になっていましたが、さすがに陽が長い。7時近くまで陽が落ちない。鳥の姿は少なく拍子抜けしましたが、念願のカンムリワシが樹間からわずかに垣間見え感激。シロハラクイナもチラ見。亜種のリュウキュウキジバト、オサハシブトガラス、リュウキュウメジロ、イシガキヒヨドリ、リュウキュウサンショウクイが早々に顔を出してくれました。キジバトはやや暗色気味、ハシブトガラスは明らかに本土のものより小さく、どちらかと言えばカワイイ。声はハシボソガラスに似て濁っています。メジロはわき腹のブドウ色がありません。ヒヨドリは胸から腹が茶色で、明らかに異なります。亜種の特徴を見極めるのも楽しいですね。今回のツアーでは他にシマアカモズ、リュウキュウキビタキ、マミジロアシナガセキレイ、イシガキシジュウカラ、オリイヤマガラ、リュウキュウアオバズクの計11亜種を確認しました。
亜種
種になれなかった亜種たち 
リュウキュウキビタキ
喉から胸部が黄色で亜種キビタキのような橙色味がない。
留鳥です。 
リュウキュウサンショウクイ
八重山諸島では留鳥
イシガキヒヨドリ
胸が茶色 
 イシガキシジュウカラ
全体に黒っぽい
リュウキュウメジロ
わき腹に葡萄色がない。 
リュウキュウアオバズク 
差がよくわかりません。
オサハシブトガラス
ハシブトガラスよりかなり
小さくカワイイ。
声はハシボソガラス 
3月17日 石垣島(AM) 西表島(PM) 晴れ
 日の出は関東より1時間遅い6時50分頃。Mさんがホテルの隣の小さな公園でカラムクドリの群れを見つけてくれ、さらにシマアカモズ、シロガシラも現れ間近で写真も撮ることができました。街中で見れるとはさすがに石垣島です。午前中、地元のガイドさんにお願いして島の中を案内してもらいました。港近くの芝生にライファーのムネアカタヒバ数羽。移動中の車中から移入種のコウライキジ、池にシマアジ、アオアシシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、ゲートボール場の芝生にツメナガセキレイマミジロツメナガセキレイが一緒に仲良く採餌。車の中からの観察のため近い距離でも鳥たちは安心して行動しています。田んぼではムラサギサギが長ーい首をもたげてあたりを睥睨。電線にチュウダイズアカアオバト。本土のアオバトより体色が鮮やかに見えます。ツバメと一緒にリュウキュウツバメも飛び交います。リュウキュウツバメの腹部は濁った色をしており、尾は燕尾ではないため見分けは付きやすいです。ガイドの後半でとっておきのカタグロトビ。遠くからは真っ白に見え、よく目立ちます。一回目の営巣が失敗したようで、巣材を口にくわえていました。数年前より石垣島で繁殖しているようです。4時過ぎにYBツアーに合流して西表島に渡航。
 夜は、ナイトツアー。ガイドさんに誘導されて真っ暗な道を林の奥へ。早速フクロウ類の声。電信柱の上にリュウキュウアオバズク。大きな目をこちらに向けてにらんでいるよう。さらに奥に入ると、リュウキュウコノハズクが首をかわいげにかしげて待っていました。
カラムクドリ
ホテルわきの小さな公園に来ていました。
左2枚が雄(羽の白色部が広い) 
 シロガシラ
ヒヨドリの仲間で留鳥
後頭部が白いことが名前の由来
シマアカモズ
アカモズの亜種。見た目は高原モズに似ている。
普通にみられる。
 
リュウキュウツバメ
ツバメと混在。腹部が汚白色
で尾羽が短い。
 
マミジロツメナガセキレイ 
ツメナガセキレイの亜種
キマユツメナガセキレイ
(ツメナガセキレイ) 
マミジロタヒバリ  ムネアカタヒバリ リュウキュウコノハズク
くりくりした目が愛くるしい 
 
3月18日 西表島 晴れ
 ホテル近くの田んぼに早朝探鳥。カンムリワシが目の前を横切り、遠くの畔にシロハラクイナ。食事後訪れたお墓周りでは、亜種オリイヤマガラ亜種リュウキュウキビタキ亜種リュウキュウメジロ。キビタキのさえずりは本土のキビタキと少々違うようです。他にリュウキュウサンショウクイ、シマアカモズ。早朝の西表島は小鳥の声に満ちていました。島を半周する道沿いをバスで探鳥しましたが、カンムリワシの多さには驚きで、道路沿いの電柱によくとまっていました。芝生にライファーのマミジロタヒバリ。小枝には亜種リュウキュウシジュウカラ。本土より明らかに黒っぽい。田んぼにはタシギ、セイタカシギ、タカブシギなど渡りのシギチ。途中、トイレ休憩でとまった建物の窓にヒヨドリの群れが激突。5-6羽が即死状態。本来沖縄諸島にいて渡りをして西表島に来ていたリュウキュウヒヨドリだとのこと。イシガキヒヨドリとは腹部の色が違うようだが見分けられません。夕刻、ホテルの近くの葦原で赤褐色のリュウキュウヨシゴイがじっとたたずんでいました。
カンムリワシ成鳥 
カンムリワシ若鳥     
3月19日 西表島・石垣島 晴れ
 昨日、出会えなかったズグロミゾゴイを求めて別荘地周りを探索したところ人家の庭に発見。警戒しているのかじっと動かず撮影には都合がいい。近くの林の中からウーウーウーとキンバトの声。姿はなかなか見れないとのこと。昼前に石垣島に移動。海岸回りでクロサギ。牛舎で牛の餌を狙った移入種のインドハッカ。一昨日カタグロトビを見た場所に移動。今日は2羽が行動を共にし交尾の場面も見ることができました。近くまで飛んできてくれ、その優美な姿と真っ赤な目を見せてくれました。
カタグロトビ
肩が黒く虹彩は赤色。精悍な顔立ち。繁殖活動中でした。
図鑑などでは迷鳥とされていますが数年前より繁殖しているようです。 
ズグロミゾゴイ
民家の庭先にいました。右端の写真は幼鳥
留鳥  
 
  リュウキュウヨシゴイ
雄は全体に赤褐色。右は雌? 
シロハラクイナ 
過去に見沼に迷い込んできたことがありましたが、
ここでは街中にも出没する普通種
3月20日 石垣島 曇のち雨
 今日は、田んぼ回りでシギチ狙い。バスを降りて早々に葦の藪の中にリュウキュウヨシゴイセッカが囀りながら飛び交います。見沼では少なくなりましたが、石垣島では数が多いように思います。海岸に出ると岩場にキョウジョシギの群れ。ハマシギムナグロに混じってサルハマシギが数羽いました。物は得た岩場にはオオメダイチドリ、メダイチドリ、シロチドリ、トウネン。遠くの山の中腹の芝生に移入種のインドクジャク。数は多いようで街中にも出現するそうです。ヤツガシラを探して彼方此方移動しましたが、どうもまだわたってきていないようです。午後はYBツアーと別れて単独で探鳥。ある御嶽の近くでズグロミゾゴイの幼鳥。雨が激しく、早々にホテルに引き上げ。
3月21日 石垣島 曇
 午後の飛行機の時刻までレンタカーで島をほぼ一周。ヤツガシラを求めて、ツアーで回った場所も回ってみましたが見つからず残念諦めて帰途に就くことにしました。
チュウダイズアカアオバト
アオバトに比べ雨覆の赤紫が薄い。下尾筒の模様も異なる。 
ムラサキサギ 
留鳥
クロサギ
八重山では白色型が多い。 
アマサギ  キョウジョシギ 
オオメダイチドリ  サルハマシギ  セイタカシギ タカブシギ  ツルシギ 
 シマアジ
群れのシマアジは初めて
  移入種
インドハッカとコウライキジ
インドクジャクも確認 
 
まとめ
今回のツアーで83種を確認、また13種、11亜種、3外来種を初めて見ることができました。優美なカタグロトビ、精悍ですがなんとなくかわいいカンムリワシ、かわいげに首をかしげるリュウキュウコノハズク、色鮮やかなチュウダイズアカアオバト、ガイドなしでは見つけられないズグロミゾゴイ、本土との違いを探す楽しみのある多くの亜種、印象的でした。まだ、キンバト(声のみ)、ギンムクドリ、ヤツガシラ、オオクイナ、ミフウズラなどが宿題として残りましたが、次回のお楽しみとしてとっておきたいと思います。
 鳥たち :  83種 (亜種、移入種含む)
1.ミサゴ 2.サシバ 3.カンムリワシ 4.オオノスリ 5.ハヤブサ 6.チョウゲンボウ 7.カタグロトビ 8.コウライキジ 9.インドクジャク 10.リュウキュウキジバト 11.チュウダイズアカアオバト 12.キンバト(声) 13.リュウキュウアオバズク 14.リュウキュウコノハズク 15.カワセミ 16.リュウキュウコゲラ 17.ツバメ 18.リュウキュウツバメ 19.ショウドウツバメ 20.キマユツメナガセキレイ 21.マミジロツメナガセキレイ 22.キセキレイ 23.ハクセキレイ 24.マミジロタヒバリ 25.ムネアカタヒバリ 26.イシガキヒヨドリ 27.リュウキュウヒヨドリ 28.リュウキュウサンショウクイ 29.シロガシラ 30シマアカモズ 31.イソヒヨドリ 32.ジョウビタキ 33.アカハラ 34.シロハラ 35.ウグイス 36.セッカ 37.リュウキュウキビタキ 38.イシガキシジュウカラ 39.オリイヤマガラ 40.リュウキュウメジロ 41.スズメ 42.カラムクドリ 43.インドハッカ 44.ミヤマガラス 45.オサハシブトガラス 46.カイツブリ 47.リュウキュウヨシゴイ 48.ズグロミゾゴイ 49.アマサギ 50.アオサギ 51.ムラサキサギ 52.ダイサギ 53.チュウサギ 54.コサギ 55.クロサギ 56.カルガモ 57.コガモ 58.ハシビロガモ 59.オナガガモ 60.ヒドリガモ 61.オシドリ 62.シマアジ 63.コチドリ 64.シロチドリ 65.メダイチドリ 66.オオメダイチドリ 67.ムナグロ 68.キョウジョシギ 69.タシギ 70.アオアシシギ 71.キアシシギ 72.ツルシギ 73.タカブシギ 74.イソシギ 75.トウネン 76.ヒバリシギ 77.ハマシギ 78.サルハマシギ 79.チュウシャクシギ 80.セイタカシギ 81.シロハラクイナ 82.バン 83.オオバン
  蝶たち : 9種
1.シロオビアゲハ 2.ジャコウアゲハ 3.アオスジアゲハ 4.ウラナミシロチョウ 5.キチョウ 6.スジグロカバマダラ 7.リュウキュウアサギマダラ 8.アオタテハモドキ 9.イシガケチョウ
スジグロカバマダラ  オオゴマダラ  イシガケチョウ  ウラナミシロチョウ  アオタテハモドキ♀ 
 
                    秋ヶ瀬公園
                                    2013年3月12日 晴れ 9:30-12:50

 暖かくなってきたとはいえ朝のうちは肌寒く、厚着をして出発。現地に着くと駐車場はすでにいっぱい。ヒレンジャクが群れで来ているとの情報で大勢のカメラマンが押し寄せたようです。20羽ほどのヒレンジャクがヤドリギやジャノヒゲの実を求めて公園の中を移動。それを追ってカメラマンが大移動。なかなか壮観な眺めです。そのわきで他の鳥はいないかとうろうろ。近くの藪でトラツグミの声が聞こえるが姿は見えず。駐車場近くの松の木にビンズイ2羽。鳥の姿は少なかったものの、飽きなかった。
 鳥たち : 22種
1.トビ 2.キジ 3.キジバト 4.コゲラ 5.ヒバリ 6.ビンズイ 7.ヒヨドリ 8.モズ 9.ヒレンジャク 10.ジョウビタキ 11.トラツグミ 12.ツグミ 13.ウグイス 14.エナガ 15.シジュウカラ 16.カワラヒワ 17.ベニマシコ 18.ムクドリ 19.スズメ 20.ナシブトガラス 21.カワウ 22.カルガモ
ヒレンジャク 
     ビンズイ    
 
                 北本自然観察公園
                                   2018年3月4日 晴れ 10:15-12:15

 今日は、あしだち自然にふれあう会の北本自然公園探鳥会に参加してきました。16名がセンターに集合。10時過ぎ、既に気温が上がりフリースを脱いでから出発。鳥の声は少ないものの、早々にカシラダカ、ヤマガラがお出迎え。池にはマガモ、コガモ、カルガモ、バン。葦原ではカワセミ、ジョウビタキ、ホオジロ。緑の芽が出始めたネコヤナギに、赤が鮮やかになってきたベニマシコのペア。湿地にはシロハラ。遠くで、まだぎこちないウグイスの囀り。2時間程度の探鳥でしたが、初夏のような陽気で、春のハイキングを堪能できました。
 鳥たち :
1.ノスリ 2.キジバト 3.カワセミ 4.コゲラ 5.ヒヨドリ 6.モズ 7.ジョウビタキ 8.シロハラ 9.ツグミ 10.ウグイス 11.エナガ 12.ヤマガラ 13.シジュウカラ 14.メジロ 15.ホオジロ 16.カシラダカ 17.アオジ 18.ベニマシコ 19.シメ 20.スズメ 21.ムクドリ 22.ハシブトガラス 23.ハシボソガラス 24.アオサギ 25.マガモ 26.カルガモ 27.コガモ 28.バン
ベニマシコ  カシラダカ  シロハラ 
 
                   秋ヶ瀬公園
                                   2018年2月26日 晴れ 10:10-12:45

 このところ、方々でレンジャクの情報が飛び交っていますが、今日は、秋ヶ瀬で今季初めてのヒレンジャクを観てきました。色づき始めたヤドリギの実を1羽のヒレンジャク雌が啄ばんでいました。いつもより早いようですので、これから増えてくるかもです。その後、公園内を散策しましたが、鳥の声は少なく今年の冬を象徴するようでした。
 鳥たち : 17種
1.コゲラ 2.アカゲラ 3.ヒヨドリ 4.モズ 5.ヒレンジャク 6.シロハラ 7.ツグミ 8.エナガ 9.シジュウカラ 10.アオジ 11.カワラヒワ 12.シメ 13.ハシブトガラス 14.ハシボソガラス 15.アオサギ 16.ダイサギ  
ヒレンジャク
 
                  北本自然観察公園
                                   2018年2月19日 晴れ 10:45-13:50

 2年ぶりの北本自然観察公園です。センターの建屋は工事中で今月末まで閉店。ルリビタキ、ジョウビタキ、ヤマガラ、何れも2年前と同じ場所でポーズをとってくれました。ベニマシコも顔を出してくれ、狭い公園ではありますが、様々な自然環境があり長時間いても飽きさせません。
 鳥たち : 25種
1.キジバト 2.カワセミ 3.コゲラ 4.ヒヨドリ 5.モズ 6.ジョウビタキ 7.ルリビタキ 8.ツグミ 9.シロハラ 10.ウグイス 11.エナガ 12.ヤマガラ 13.シジュウカラ 14.メジロ 15.カシラダカ 16.アオジ 17.ベニマシコ 18.シメ 19.カケス 20.ハシブトガラス 21.アオサギ 22.ダイサギ 23.マガモ 24.コガモ 25.クイナ
 ルリビタキ
 ルリビタキ アオジ  ジョウビタキ 
ヤマガラ 
 
                                        秋ヶ瀬公園
                                     2018年2月9日 晴れ 11:40-15:00

 久しぶりに秋ヶ瀬公園に行ってきました。遅い時間のせいか鳥の声は少ない。レンジャク狙いでカメラマンが集まっていましたが、今日は出ていないようです。ヤドリギの実もまだ緑色でした。桜草公園に移動。焼け野原に来ているらしいアリスイ狙いで数人のカメラマン。あまりにも広いのでどこに出ているのか不明。カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ツグミが仲良く地面に降りて採餌。鉄塔にハヤブサ。亜種オオハヤブサだそうですが、ひげは確認できるものの、あまりにも遠くて区別できず。ベニマシコは雄の若鳥?がよく出てくれました。
 鳥たち : 27種
1.ハヤブサ 2.キジバト 3.コゲラ 4.ハクセキレイ 5.タヒバリ 6.ヒヨドリ 7.モズ 8.シロハラ 9.ツグミ 10.ウグイス 11.エナガ 12.シジュウカラ 13.ホジロ 14.アオジ 15.カワラヒワ 16.ベニマシコ 17.シメ 18.ムクドリ 19.スズメ 20.ハシブトガラス 21.ハシボソガラス 22.カワウ 23.コガモ 24.マガモ 25.ホシハジロ 26.キンクロハジロ 27.オオバン
ベニマシコ 
 
                    荒川中流域
                                     2018年2月7日 晴れ 10:40-16:15

 久しぶりに見沼を出て遠出をしてきました。まずは荒川中流の河川敷である三又沼ビオトープへ。湿地帯に木道が設置されており丁寧に管理されている場所です。また広大な田んぼや葦原化した休耕田もあり、鳥の探鳥地として期待される場所です。が、今日は鳥の声すらほとんど聞こえず、ベニマシコの声が遠くで聞こえたのみ。2時間ほど粘りましたが、諦めてコミミズクが来ている田んぼへ。現地ではすでに30-40人ほどのカメラマンが待機していましたが、どうも今日は出ていない模様。2羽のチョウゲンボウがサービスよく何回もホバリングをしたりネズミを狩ったりと、コミミズクを待つ間目を楽しませてくれました。時折、ケリも飛んでくれ厭きることなくコミミズクを待つことができましたが、4時過ぎまで待っても出てくれそうもないので仕方なく帰宅の途につきました。今日は穏やかな天候で鳥見には最適でしたが、残念無念。
 鳥たち : 23種
1.トビ 2.ノスリ 3.チョウゲンボウ 4.キジバト 5.カワセミ 6.コゲラ 7.ハクセキレイ 8.ヒヨドリ 9.モズ 10.ツグミ 11.ウグイス 12.シジュウカラ 13.メジロ 14.ホオジロ 15.アオジ 16.カワラヒワ 17.ベニマシコ 18.シメ 19.スズメ 20.ムクドリ 21.ハシブトガラス 22.ハシボソガラス 23.ケリ
チョウゲンボウ
2羽のチョウゲンボウが間近でネズミ捕り 
 カワラヒワ ベニマシコ 
 
                   九州探鳥ツアー
                                     2018年1月14日−16日

 鹿児島県から熊本県、佐賀県を経由して、福岡県に至る探鳥ツアーに参加してきました。ツルの大群、ツクシガモやヘラサギ、クロツラヘラサギなど冬の九州ならではの鳥たちが期待されるツアーです。前日まで西日本の天気は大荒れとのことで雨や寒さ対策で大荷物となってしまいましたが、幸いにも3日間を通してほぼ好天に恵まれライファーも9種追加されました。探鳥地の規模の大きさ、鳥の種類、数の多さ。関東での鳥見とは大きく異なって感動しました。確認種は89種でした。長くなりますが、3日間の探鳥記録にお付き合いください。
1月14日(日)
 加治木海岸 :
 9時羽田発11時鹿児島空港着。すぐに移動して加治木海岸へ。防波堤の内側の湿地帯で探鳥。色鮮やかなツクシガモの群れがのんびり水面に浮かんでいました。少し離れた堤防沿いにクロツラヘラサギ4羽。ガイドのNさんが、「そこの葦からツリスガラの声が聞こえる」とのことで、参加者全員が目を凝らして探すと4-5羽のツリスガラが葦の藪の中を見え隠れ。思ったより体が小さく見つけるのが難しかったものの、何とか証拠写真もゲット。九州上陸後わずか1時間ほどでライファー3種を確保。幸先よしです。
 川内市高江の農耕地 : 次は内陸に移って広々とした農耕地。過去にはカラフトワシの飛来地として知られていたそうです。遠くの電線にミヤマガラスの大群。遠すぎてコクマルガラスは諦め。続いてアトリの大軍。5-600羽ほどはいるのでは。電線から農耕地へ、そして電線へと群れの移動は見事。お腹側が一斉にこちらを向くたびに陽が反射して光り、見とれてしまいます。時折、ハイイロチュウヒ雄と雌が低空を飛んでくれましたが、20数名の集団が邪魔なのか遠くをひらひら飛ぶのみ。休耕田の葦原にはホオア、その周辺にタゲリ。遠くの田んぼになんと2羽のマナヅル。出水に行く前にライファー追加。
 出水市ツル観察センター : 夕方近くにツル観察センターに到着しセンター周りのみの観察。すぐ目の前の田んぼにマナヅルナベヅル。さすがに世界有数のツルの飛来地(実はこの時は本当に凄い景色を見ていません)。Nさんがクロヅル1羽を探してくれました。
 14日の鳥たち : 51種
1.ミサゴ 2.トビ 3.ノスリ 4.ハイイロチュウヒ 5.チョウゲンボウ 6.キジ 7.キジバト 8.カワセミ 9.ヒバリ 10.ハクセキレイ 11.タヒバリ 12.ヒヨドリ 13.モズ 14.ジョウビタキ 15.イソヒヨドリ 16.ツリスガラ 17.ホオジロ 18.ホオアカ 19.アオジ 20.オオジュリン 21.アトリ 22.カワラヒワ 23.スズメ 24.ミヤマガラス 25.ハシボソガラス 26.ハシブトガラス 27.カイツブリ 28.カンムリカイツブリ 29.カワウ 30.アオサギ 31.ダイサギ 32.コサギ 33.ツクシガモ 34.ヒドリガモ 35.カルガモ 36.マガモ 37.ハシビロガモ 38.オナガガモ 39.コガモ 40.ホシハジロ 41.キンクロハジロ 42.アオアシシギ 43.イソシギ 44.ハマシギ 45.タゲリ 46.タシギ 47.セグロカモメ 48.クロツラヘラサギ 49.マナヅル 50.オオバン 51.バン 
 クロツラヘラサギ ツクシガモ  ツリスガラ
関東では見られなくなりました。
アトリ 
500-600羽の乱舞です。
ハマシギ  キジ   
1月15日(月)
 出水市 : 今日は、早朝、日の出をバックに塒と餌場の間を行き来するツルの群を観察するため、まだ暗い6時半にホテルを出発し6時45分頃より待機。すでにツルの声がこだまし、山の稜線が明るくなる前から餌場に向かう集団が波状的に上空を通過していきます。7時30頃日の出。朱色に染まる朝焼けの空を飛ぶツルの絵は厳かでした。1月6日付の調査では15,360羽のツルが滞在しているとのことです。主に、ナベヅルマナヅルですが、数羽のカナダヅルクロヅルが混じります。今回は、出水に来ている4種のツルすべてを見ることができました。単独で観に行っては一万羽以上のツルの中からカナダヅルとクロヅルを見つけるのは至難の業だったと思います。ナベヅルクロヅルの交配種であるナベクロヅルも1羽確認できました。ツルは一生同じペアだそうで、家族単位で渡りや移動をしています。毎年相手が変わるオシドリとは違いますね。
 ツル観察の合間に飛来地近くの川沿いの民家周辺に移動。電線に、ミヤマガラスの群れの中にコクマルガラス黒色型複数と淡色型1羽。その近くには九州ではよく見かけるというホシムクドリ。その隣にカラムクドリのペア。主に南西諸島で見られる鳥ですが、南九州でも見られるとのこと。目が青白色で変わった顔つきをしています。狭い範囲でこれだけの鳥に出会えるとはさすが九州、一味違い感激でした。
 球磨川河口 : 球磨川の河口は広々とした干潟です。堤防沿いを歩きましたが、潮が引いていたので鳥の数、種類は少なかったものの、ツクシガモダイシャクシギタゲリミサゴノスリチョウゲンボなどの猛禽類も来ていました。帰りがけの堤防に顔の白いハクセキレイが。初見の亜種ホオジロハクセキレイでした。普段なら「ああ、ハクセキレイか」で終わっていたところですが、九州に来て少し緊張して観察していたおかげでしょうか。
 水前寺上江津湖 : 熊本市の市街地近くにある湖です。上空には、越冬ツバメが数羽飛び交っており、さすが九州。岸辺の葦原にクロツラヘラサギ。至近距離で採餌していました。クサシギタシギも遊歩道の近くまで来て採餌していました。
 15日の鳥たち : 66種
1.ミサゴ 2.トビ 3.ノスリ 4.ハイイロチュウヒ 5.チュゲンボウ 6.キジバト 7.コゲラ 8.カワセミ 9.ツバメ 10.キセキレイ 11.ハクセキレイ 12.亜種ホオジロハクセキレイ 13.セグロセキレイ 14.タヒバリ 15.ヒヨドリ 16.モズ 17.ジョウビタキ 18.シロハラ 19.ツグミ 20.ウグイス 21.セッカ 22.エナガ 23.シジュウカラ 24.メジロ 25.ホオジロ 26.アオジ 27.オオジュリン 28.アトリ 29.カワラヒワ 30.ニュウナイスズメ 31.スズメ 32.ホシムクドリ 33.ムクドリ 34.カラムクドリ 35.ハシボソガラス 36.ハシブトガラス 37.ミヤマガラス 38.カイツブリ 39.カワウ 40.ゴイサギ 41.アオサギ 42.ダイサギ 43.コサギ 44.クロツラヘラサギ 45.マガモ 46.カルガモ 47.オナガガモ 48.ヒドリガモ 49.オカヨシガモ 50.ツクシガモ 51.コガモ 52.シロチドリ 53.タゲリ 54.タシギ 55.ダイシャクシギ 56.クサシギ 57.イソシギ 58.ハマシギ 59.セグロカモメ 60.クロヅル 61.ナベヅル 62.カナダヅル 63.マナヅル 64.ナベクロヅル 65.バン 66.オオバン
マナヅル 
右の写真は求愛ディスプレイ
ナベヅル 
カナダヅル 
出水に来ているカナダヅルのすべてです。
正面を向くと顔の赤い部分がハート形
クロヅル 
クロヅル  ナベクロヅル  夜明けのツル 
夜明けのツル  万羽鶴     
カラムクドリ 
左が雄予定外の出会いでした。
ホシムクドリ  コクマルガラス  亜種ホオジロハクセキレイ
初めての出会い
クロツラヘラサギ 
夢中で採餌していたため至近距離で観察
   
1月16日(火)
 東よか干潟(大綬搦) : 有明海の広大な干潟です。関東の干潟が箱庭に思えてしまうくらい広いラムサール条約湿地でシギ・チ類の日本一の飛来地だそうです。着いたときは満潮時間でしたが、海べりは数百メートル先。柵があり干潟には入れませんので、干潟を埋め尽くしそうな鳥の大集団がはるかに遠い。それでもズグロカモメツクシガモシロチドリの大群が干潟を埋め、多数のダイシャクシギの姿も見える。遠くにヘラサギクロツラヘラサギの混群。ツクシガモの群れが飛び立つと白と朱色が目立って見事。ガイドのNさんがニシセグロカモメ1羽を探し当ててくれました。セグロカモメに比べ背部の色が濃く肢が黄色であることが特徴です。バスに戻る土手道からコミミズクが飛び出し思いがけないお土産でした。期待していたカササギは電信柱にとまる姿やバスの窓から飛ぶ姿をチラ見した程度で少々残念。
 佐賀県立森林公園(嘉瀬津) : 森林公園とは名ばかりの芝生と池でできた森のない公園。鳥の姿は少なかったものの、嘉瀬川沿いの葦原で、今ツアー2度目のツリスガラ。公園内のネズミモチに亜種ハチジョウツグミ。久しぶりでした。キクイタダキも大サービス。
 大濠公園 : 博多のビル群に囲まれた都市公園。たくさんのユリカモメが飛び交い、トビの群れがビル群をバックにタカ柱。池沿いの遊歩道にはシロハラの姿が多い。ここでもキクイタダキが間近かで観れ、九州ツアーの締めの被写体となりました。
 16日の鳥たち : 66種
1.ミサゴ 2.トビ 3.チョウゲンボウ 4.コミミズク 5.キジバト 6.カワセミ 7.コゲラ 8.ヒバリ 9.ハクセキレイ 10.ヒヨドリ 11.モズ 12.ジョウビタキ 13.シロハラ 14.ツグミ 15.亜種ハチジョウツグミ 16.ウグイス 17.キマユムシクイ 18.キクイタダキ 19.エナガ 20.ヤマガラ 21.シジュウカラ 21.メジロ 22.ツリスガラ 23.ホオジロ 24.カシラダカ 25.アオジ 26.オオジュリン 27.アトリ 28.カワラヒワ 29.ベニマシコ 30.スズメ 31.ムクドリ 32.ミヤマガラス 33.ハシブトガラス 34.ハシボソガラス 35.カイツブリ 36.カワウ 37.アオサギ 38.ダイサギ 39.コサギ 40.クロツラヘラサギ 41.ヘラサギ 42.マガモ 43.カルガモ 44.コガモ 45.ヨシガモ 46.オカヨシガモ 47.オナガガモ 48.ハシビロガモ 49.ヒドリガモ 50.ホシハジロ 51.ダイゼン 52.シロチドリ 53.タゲリ 54.タシギ 55.ダイシャクシギ 56.アオアシシギ 57.クサシギ 58.イソシギ 59.ハマシギ 60.ユリカモメ 61.ズグロカモメ 62.ウミネコ 63.セグロカモメ 64.ニシセグロカモメ 65.バン 66.オオバン     
ズグロカモメ 
飛ぶカモメ類のほとんどがズグロ
ヘラサギ(左)とクロツラヘラサギ(右) 
手前にダイシャクシギ
ま下からだといづれか不明
ニシセグロカモメ
肢が黄色 
ツクシガモ  シロチドリ  ツリスガラ  キクイタダキ  シロハラ 
ミサゴ       
 
                    伊佐沼 他
                                     2018年1月11日 晴れ 9:00-13:10

 イカルとコイカルの情報をもらい埼玉県の某公園に行ってきました。大きな黄色い嘴を持ったイカルは、好きな小鳥の代表格です。毎年、出現情報があると追っかけをしている次第です。現地についてみると、道路や藪の中で100羽近くのイカルがケヤキの実をバリバリ音を立てながら食べる姿に出会えました。100羽となると固い木の実を食べる音はもの凄い。この群れの中にコイカルが混じっているとのことで2時間ほど粘って探しましたが、確認することはできませんでした。その後、帰宅途中に伊佐沼に途中下車。水量が減り浅瀬が広範囲に広がりユリカモメの大群が羽を休めていました。カメラマンが数名集まって何か撮影している。先を見てみるとカワウの群れの中にカワアイサ雄が一羽。久しぶりの出会いですが、少々遠く、写真は証拠程度でした。
 鳥たち : 30種
1.キジバト 2.カワセミ 3.コゲラ 4.ハクセキレイ 5.セグロセキレイ 6.ヒヨドリ 7.ツグミ 8.シジュウカラ 9.ホオジロ 10.カシラダカ 11.アオジ 12.ベニマシコ 13.シメ 14.イカル 15.スズメ 16.ムクドリ 17.ハシブトガラス 18.カイツブリ 19.カワウ 20.アオサギ 21.ダイサギ 22.コサギ 23.カルガモ 24.コガモ 25.カワアイサ 26.イカルチドリ 27.イソシギ 28.セイタカシギ 29.ユリカモメ 30.セグロカモメ  
カワアイサ  ユリカモメ 
 イカル
S市の某公園にて
   
 
  
トップへ


ホームへ