番外編の鳥たち

2017年


このページでは、旅行などで訪れた見沼以外の地域で観察した鳥たちを紹介します。

                                                                     ホームへ

2017年4月28日 日光 
2017年4月23日 秋ヶ瀬公園 
2017年4月21日  岩槻他 
2017年4月14日 秋ヶ瀬公園 
2017年4月2日  秋ヶ瀬公園 
2017年3月18日 埼玉県某所 
2017年3月4日  群馬県ダム湖 
2017年3月3日  井頭公園 
2017年3月1日 宮ケ瀬湖
2017年2月28日 渡良瀬遊水地 
2017年2月27日 秋ヶ瀬・東京の公園 
2017年2月12日 川越近郊 
2017年1月28日 本埜白鳥の郷 
2017年1月14日 渡良瀬遊池

                       日光
                                     2017年4月28日 晴れ 7:35-13:00

 毎年、この時期は夏鳥を期待して日光に行きます。今回は、裏東照宮、小倉山森林公園、霧降の滝、日光植物園を巡ってきました。オオルリはいたる所で出会え、1か所で3羽の若鳥が飛び交う様子も見ることができました。キビタキも数は少ないものの確認できました。サンショウクイ、センダイムシクイ、コサメビタキなどの夏鳥も確認でき、日光はすっかり夏鳥の季節です。
 鳥たち : 25種
1.トビ 2.キジ 3.キジバト 4.アオゲラ 5.アカゲラ 6.コゲラ 7.ツバメ 8.ハクセキレイ 9.キセキレイ 10.ヒヨドリ 11.ミソサザイ 12.ウグイス 13.エゾムシクイ 14.センダイムシクイ 15.キビタキ 16.オオルリ 17.コサメビタキ 18.ヒガラ 19.シジュウカラ 20.ヤマガラ 21.キバシリ 22.ホオジロ 23.カケス 24.ハシブトガラス 25.カルガモ 
オオルリ  キビタキ  センダイムシクイ 
サンショウクイ  コサメビタキ  ミソサザイ  ヤマカガシ 
 ニリンソウ ヒトリシズカ  イカリソウ  キンポウゲ科?     
 
                     秋ヶ瀬公園
                                     2017年4月23日 晴れ 6:50-10:00

 久しぶりにすっきりとした青空。少々肌寒い陽気。再度、夏鳥を求めて秋ヶ瀬公園に行ってきました。幸運にも到着早々、オオルリの囀りが聞こえる。高い木の葉の茂みに隠れて見つけにくいものの、時折、移動するんで何とか姿を捕えることができました。かなり高い梢のため写真は証拠程度ですが、美声と姿に夏の訪れを満喫できました。さらに今日はキビタキにも出会え3時間程度でしたが、充実した時を過ごせました。
 鳥たち : 19種
1.コジュケイ 2.キジバト 3.コゲラ 4.ヒヨドリ 5.ツグミ 6.シロハラ 7.アカハラ 8.ウグイス 9.キビタキ 10.オオルリ 11.エナガ 12.シジュウカラ 13.メジロ 14.カワラヒワ 15.シメ 16.スズメ 17.ムクドリ 18.カケス 19.ハシブトガラス 
オオルリ 
キビタキ  シロハラ   
 
                     岩槻 他
                                    2017年4月21日 曇り 7:20-12:30

 曇りの予報で、遠出はやめて、岩槻の公園他、近場をグルッと巡回してきました。
 キビタキやオオルリがいないかと公園に行くと、到着早々にピッコロ、ピッコロとキビタキの囀り。暗い林の中でじっとしていると高い木の枝にキビタキ。まだ若鳥のようで背中の黒味がうすい。写真は証拠程度でしたが、今季初物に感激。センダイムシクイの声がよく聞こえるものの姿は見えず。エナガがしきりに飛び交っているので木の茂みを探すと、エナガの巣立ち雛が固まって枝に並んでいました。いわゆるエナガ団子。初めて見ました。キビタキに続き、またまた感激です。その後、公園の奥まで散策。アトリがまだ居ました。3つ目の出会いは、久しぶりにKさんに出会い、しばし鳥談義。この公園は秋ヶ瀬公園の環境にそっくりで、自宅からも近いことから、今後も定期的にお邪魔させてもらうことにしました。公園を後にしてケリのいる田んぼへ移動。特徴ある声が響き渡り、近くを威嚇飛行。知らずに近くを通ったため怒ったケリが威嚇しに飛んできたようです。3羽を確認。2羽はペアになるのか、ともに行動していました。その後、見沼のポイントをチラ見しましたが、収穫はなく早々に帰宅しました。
キビタキ
今季初見。ピッコロ、ピッコロときれいな声で
囀っていました。
 
 エナガ団子
巣立ちびな9羽の
団子です。
 カケス
ケリ
少なくも3羽いました。内2羽は共に行動していました。 
 
                    秋ヶ瀬公園
                                    2017年4月14日 晴れ 6:35-12:30

 夏鳥を期待して秋ヶ瀬公園に行ってきました。朝早いせいか、シロハラが目前の芝生で採餌。満開を過ぎてはいるものの見事な咲きっぷりの桜にヒヨドリ。まだ居残っていたアトリはすっかり夏羽に変身。高い木の上にマヒワの群れ。田んぼではホオアカにも出会えました。でも青や黄色の夏鳥には出会えず、上空を飛び去るツバメのみ。そろそろなんですけどね。
 鳥たち : 28種
1.オオタカ 2.チョウゲンボウ 3.コジュケイ 4.キジ 5.キジバト 6.コゲラ 7.ヒバリ 8.ツバメ 9.ヒヨドリ 10.モズ 11.シロハラ 12.ツグミ 13.ウグイス 14.エナガ 15.シジュウカラ 16.メジロ 17.ホオジロ 18.ホオアカ 19.アオジ 20.アトリ 21.カワラヒワ 22.シメ 23.スズメ 24.ムクドリ 25.ハシブトガラス 26.ハシボソガラス 27.カルガモ 28.コガモ 
 
オオタカ
雌の若鳥 
 ホオアカ アトリ
頭が黒くなるまで
居残りました。 
 シロハラ メジロ 
 
                    秋ヶ瀬公園
                                    2017年4月2日 晴れ 6:50-9:40

 2年ぶりにヒレンジャクを観てきました。若鳥1羽のみでしたが、近辺ではこの時期にしか見られないので貴重です。ヒレンジャクを見ていると後ろのほうでルリビタキのかすかな声が聞こえるので行ってみると真っ青な雄が。今年初めての青い鳥でした。皆さん、ヒレンジャクに集中しているようで独り占めで写真を撮らせてもらいました。ベニマシコも彼方此方で声が聞こえ赤色が濃い雄にも出会えました。相変わらずアトリの数は多く、今年の冬は十分に楽しませてもらいました。4月に入り本格的な春の陽気となり、これだけ冬鳥をまとめて見られるのも最後かもしれません。
 鳥たち : 31種
1.コジュケイ 2.キジ 3.キジバト 4.コゲラ 5.ヒバリ 6.ハクセキレイ 7.ヒヨドリ 8.モズ 9.ヒレンジャク 10.ルリビタキ 11,ジョウビタキ 12.シロハラ 13.ツグミ 14.ウグイス 15.セッカ 16.エナガ 17.シジュウカラ 18.メジロ 19.ホオジロ 20.アオジ 21.アトリ 22.カワラヒワ 23.ベニマシコ 24.シメ 25.スズメ 26.ムクドリ 27.カケス 28.ハシブトガラス 29.ハシボソガラス 30.カルガモ 31.コガモ
ヒレンジャク  ルリビタキ 
ベニマシコ   アトリ エナガ   カケス  
 
                    埼玉県某所
                                   2017年3月18日 晴れ 9:00-11:40

 昨年12月以来2度目のオオマシコ。気がかりだった道路の雪もすっかり溶けていました。前回は待ち時間5時間でしたが、今回は頻繁に姿を見せてくれ、合間にゴジュウカラアトリも訪れてくれ飽きることがありませんでした。でも、他の鳥の姿は少なく青い鳥も期待していたので、少々残念気分。
オオマシコ
オオマシコ  ゴジュウカラ  アトリ 
 
                  群馬県のダム湖
                                 2017年3月4日 晴れ 11:00-15:00

 アルパインのクマタカを見るツアーに参加して群馬県のダム湖に行ってきました。到着に合わせるかのようにクマタカが山の端を旋回。対岸をすべるように滑空。初めての出会いでした。その後も何回も出現してくれるものの高度が高かったり、遠かったりで写真は無理。2時過ぎころには真っ白な幼鳥1羽を含めて3羽が舞い飛んでくれました。親離れを促しているのか、紛れ込んだ幼鳥を追い出しているのか、1羽の成鳥が幼鳥に何度もアタックしていました。
 遠くて残念ではありましたが、たるんだように見える次列風切り、幅広の翼、はっきりしたタカ斑などクマタカの特徴は十分に確認できました。
クマタカ
白い幼鳥に攻撃を仕掛け縄張りから追い出しているようです。成鳥2羽は2回交尾行動をしていました。 
 
                    井頭公園
                                2017年3月3日 霧のち晴れ 8:30-13:20

 久しぶりに井頭公園に行ってきました。東北道の佐野あたりから濃霧のため速度規制。公園についても霧が晴れず、霧中の鳥見となりました。霧のせいか鳥の警戒心が低くコジュケイの親子ものんびり歩道を散歩。カラ類もこちらを気にせず近くまで寄ってきます。林の中に入ると今回の目的であるトラツグミシロハラと一緒に地面に降りて採餌。霧が晴れると春の日差しが一気に林床にとどき春の陽気に。日差しで乾いた林床の枯葉をアトリシロハラ、ビンズイがひっくり返しながら採餌。10羽程のミヤマホオジロの群れもジョウビタキシメに邪魔されながらも夢中で採餌。樹上にはアカゲラアオゲラも来てくれ時間を持て余すことがない。ただ、ルリビタキは一瞬のみ、ベニマシコはいたらしいが声すら聞けなかった。昼過ぎからは鳥の声も少なくなり帰宅の途に。
 鳥たち : 34種
1.コジュケイ 2.キジバト 3.カワセミ 4.アオゲラ 5.アカゲラ 6.コゲラ 7.ビンズイ 8.ヒヨドリ 9.ルリビタキ 10.ジョウビタキ 11.シロハラ 12.トラツグミ 13.ツグミ 14.ウグイス 15.エナガ 16.シジュウカラ 17.ヤマガラ 18.メジロ 19.ミヤマホジロ 20.アオジ 21.アトリ 22.シメ 23.スズメ 24.カケス 25.ハシブトガラス 26.ハシボソガラス 27.カイツブリ 28.カワウ 29.アオサギ 30.ダイサギ 31.マガモ 32.カルガモ 33.ヒドリガモ 34.オナガガモ 
 トラツグミ ミヤマホオジロ 
 アカゲラ アオゲラ  アトリ 
 ビンズイ ジョウビタキ  ヤマガラ   カケス  
 
                     宮ケ瀬湖
                                 2017年3月1日 曇り時々晴れ 10:25-14:30

 3日連続で鳥見三昧。さすがに疲れたのか朝の目覚めが悪く自宅を出発したのが7時半。今日は宮ケ瀬湖で青や赤い鳥、できたらヤマセミに出会えたらと期待。道路の渋滞で2時間半かけて現地に到着。鳥の声、姿はなく、嫌な予感。でも、しばらくしてルリビタキ雌が目の前でポーズ。道路脇の崖にシロハラ、エナガ。復路ではカヤクグリも出てくれほっとしたところで湖の遠くの対岸を見るとヤマセミがとまっていました。米粒以下でしたが、最近のカメラセットは優秀で何とか証拠写真をゲットできました。
 何とか、それなりの収穫でしたが、そろそr冬鳥の季節の終わりなのでしょうか、鳥の姿は少なくなっています。
ヤマセミ
約150m先にポツン 
カヤクグリ
薄暗い斜面で落ち葉をかき分けていました。 
ルリビタキ
見かけるんは雌ばかり。雄は1回のみちらり。 
エナガ
ミノムシの蓑をついばんでいました。 
   
 
                    渡良瀬遊水地
                                    2017年2月28日 晴れ 13:15-17:40

 今日は、まず筑波山頂上を目指しました。ハギマシコの情報がかなり前にあったので、期待半分で出かけてみましたが、ルリビタキに出会えたのみで他の鳥の姿が見えませんでした。女体山に登拝したりして彼方此方2時間ほど歩き回りましたが、気配すらなく仕方なく下山して、次の目的地の渡良瀬遊水地に向かいました。湖沿いでベニマシコと遊びながら時間をつぶして2時半ころにコミミズクのポイントに。すでに50人ほどのカメラマンが待機。4時少し前に対岸からこちらに向かって飛んで来るコミミズクを目撃。早速、シャッターを押しましたが、ピンボケの山。その後、樹の小枝にとまって1時間ほど動かず。カメラマンも半数くらいに減ったころ、ようやく活動を再開してくれ何とかお土産の写真を撮らせてもらいました。
 鳥たち : 20種
1.ノスリ 2.トビ 3.キジ 4.コミミズク 5.キジバト 6.コゲラ 7.モズ 8.ツグミ 9.ウグイス 10.シジュウカラ 11.ホオジロ 12.アオジ 13.オオジュリン 14.アトリ 15.ベニマシコ 16.シメ 17.スズメ 18.ハシブトガラス 19.アオサギ 20.ダイサギ
コミミズク 
ベニマシコ 
オオジュリン  アオサギ       
 
              秋ヶ瀬公園・東京の某公園
                                2017年2月27日 曇り時々晴れ 10:30-15:20

 久しぶりに秋ヶ瀬公園に行ってきました。そろそろレンジャクが来るのではとの淡い期待を抱いていましたが、大外れ。ほぼ全域を歩きましたが、他の鳥の姿も少なく残念。3時間ほど粘って、アカハジロが来ているという東京の某公園に向かいました。アカハジロは、白い腰が目立つので、探すのは容易です。ホシハジロの大群の中で1羽居眠りしていました。居眠りの姿のまま器用にあちこち移動。なかなか頭をあげてくれなかったのですが、猛禽に驚いたのかホシハジロの大群が一斉に動き始めるとようやく頭をあげてくれました。光の加減で頭が緑色や黒に変化。胸が赤褐色なのが名前の所以なのでしょうか。主に大陸内を冬期、北から南に移動するようですが、まれに日本でも越冬するそうです。
 この池で3羽の生まれたばかりの幼鳥を連れたカイツブリがいました。この時期にも繁殖するのですね。驚きました。
 鳥たち : 33種
秋ヶ瀬: 28種
1.トビ 2.キジバト 3.トラフズク 4.ハクセキレイ 5.ヒヨドリ 6.モズ 7.シロハラ 8.ツグミ 9.ウグイス 10.エナガ 11.シジュウカラ 12.アオジ 13.カシラダカ 14.ホオジロ 15.アトリ 16.カワラヒワ 17.シメ 18.スズメ 19.ムクドリ 20.ハシブトガラ 21.ハシボソガラス 22.アオサギ 23.カルガモ 24.マガモ 25.ハシビロガモ 26.ホシハジロ 27.キンクロハジロ 28.オオバン
東京の公園: 17種
1.ヒヨドリ 2.ツグミ 3.スズメ 4.ムクドリ 5.ハシブトガラス 6.ハシボソガラス 7.カワウ 8.アオサギ 9.コサギ 10.ゴイサギ 11.カルガモ 12.ヨシガモ 13.キンクロハジロ 14.ホシハジロ 15.アカハジロ 16.カイツブリ 17.ユリカモメ 
秋ヶ瀬公園 
トラフズク  シロハラ  ハシビロガモ 
東京の公園 
アカハジロ 
ゴイサギとコサギ
ゴイサギが先に仕掛けて
いました。 
カイツブリ
3羽の幼鳥を
連れています。 
   
 
                   川越近郊
                                2017年2月12日 晴れ 8:10-12:00

 コイカルの情報を得て家から1時間ほどの公園に行ってきました。駐車場に車を止めてちょっと歩いただけでケヤキにとまるアトリの群れ。幸先よしと思っていたら、公園があまりにも広く、どこに出ているのかわからない。延々と歩いていると4人ほどのカメラマンが何かを待っている。先のケヤキに数十羽のイカルが。時折、地面に降りては採餌。その中にコイカルの♂♀1羽づつが混じっていました。距離があったため写真はヘボでしたが確認できました。ここは猛禽がよく飛来する。オオタカ、ノスリ、ミサゴとひっきりなしに飛んでくるためイカルたちは落ち着いて採餌できない。飛び去ってから2時間ほど待っていたが、戻ってきたのは1羽だけ。風も強くなってきたので、公園を一周して帰宅の途へ。
 鳥たち : 25種
1.ミサゴ 2.トビ 3.オオタカ 4.ノスリ 5.キジバト 6.ハクセキレイ 7.ヒヨドリ 8.モズ 9.ツグミ 10.エナガ 11.シジュウカラ 12.ホオジロ 13.アトリ 14.シメ 15.イカル 16.コイカル 17.スズメ 18.ムクドリ 19.ハシブトガラス 20.カイツブリ 21.カワウ 22.ダイサギ 23.カルガモ 24.ヒドリガモ 25.ユリカモメ
コイカル  イカル 
オオタカ  ミサゴ  シメ   
 
                                   本埜白鳥の郷
                                 2017年1月28日 晴れ 13:30-16:00

 今日は鳥友のMさんと茨城県と千葉県にまたがって探鳥してきました。まずはアネハヅル。7時半に現地に着くとすでに20台近くの車。でもツルの姿は見えず。どうも昨日も見られなかったようだ。1時間ほど待ったが次のヒシクイのポイントに向かう。いつもは10時ころにねぐらを飛び立つとのことで、ぎりぎり間に合ったかと思ったのだが、今日は8時半に飛び立ってしまったとのこと。残念!Mさんの案内で稲敷の葦原と蓮畑へ。葦原の上をミサゴやチュウヒが舞う。風がなく穏やかな天気。早めの昼食をとり、ここで夕方までチュウヒのねぐら入りを待つというMさんと別れ、印西市の本埜に向かう。白鳥の郷は水を張った田んぼで思ったより狭いもののハクチョウが数百羽にオナガガモm数百羽。でもお目当てのハクガンがいない。あきらめて帰ろうとしていたときに、以前探鳥会で会った方に2時半か3時以降になると戻ってくると教えていただき、待つことに。2時半ころよりパラパラとハクチョウがねぐらの白鳥の郷に戻ってきた。3時を過ぎると数十羽の大きな群れで、どんどんと戻ってくる。ハクガンが混じっていないかと注意していたのだが3時半を過ぎても見つからない。先ほどの方が、もう戻っていると聞き田んぼを見ると大きなハクチョウの群れの中に小さな白い鳥。戻ってきたのに全く気付かなかった。
 帰宅後、写真を確認したら、なんとコハクチョウと一緒に飛ぶハクガンが写っていた。撮影に気を取られて気づかなかった。全くお恥ずかしい次第でした。
ハクガン 
コハクチョウ 
 コハクチョウ オオハクチョウ  タシギ
(稲敷) 
 
 
                  渡良瀬遊水池
                               2017年1月14日 曇時々晴れ 11:15-16:40

 今日は、鳥友のMさんに案内してもらいコミミズクを観てきました。山沿いでは雪との予報に、ばっちり防寒対策をしてきたつもりなのに強い北風にさらされる顔はヒリヒリ。鳥の姿は少なく、トビが悠々と近くを飛ぶのみ。でも1時半ころには念願のコミミズクをチラと姿を見せてくれました。その後、3時半頃になってようやくコミミズクの乱舞開始。多い時には3羽が入り乱れての飛翔。久しぶりに近くで見るコミミズクはやはりかっこいい。小憎らしい顔もじっくり見せてくれ感激。
 今日は、新たに購入したNikon D500と200-500ズームレンズのデビュー。Mさんの指導で初期設定を済ませ、撮影開始。コミミズクはひらひら飛んでくれるので練習にはちょうど良い。なかなかピントを合わせるのに苦労したが、デジスコに比べれば段違いに楽。レンズがf5.6で曇り空のためISOが数千になり拡大するとざらつきが目立つが、そこは我慢。初めての使用での評価点は、70点くらいか。
大きなネズミを捕食中   

 
  
トップへ


ホームへ