見沼散歩日誌

その日に観察した花や野鳥、昆虫を紹介します。
一部写真にもリンクされています。
素人なので間違っていたら教えてください。


自然環境が失われつつある見沼。そこに息づく花や、鳥、昆虫の写真をなるべくたくさん紹介していきます。

2017年 1月  2月 3月 4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
2016年 1月  2月 3月 4月   5月  6月  7月  8月  9月 10月  11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

    

HOMEへ戻る。

見沼の地図はこちらからどうぞ。

                                                  見沼で観察された月々の鳥のリストはこちらから
月々の花のリストはこちらから

2017年11月
観察種のうち太字で書かれた種は、その季節初めて観察されたもの

11月17日 晴れ 9:15−11:15 B地区
 月曜日から昨日まで京都に紅葉を愛でに行ってきたため久しぶりの見沼です。見沼自然公園とその周辺を散策してきました。抜けるような青空。やや肌寒いものの、日向は暖かい。畑回りを歩いていると急にノスリが視界に入ってきました。すぐ近くを急ぐように通過。遠くの林の上空では、オオタカがハトを襲撃。でも失敗して鉄塔のてっぺんで悔しそう。加田屋川沿いの藪の中にアオジ。ツグミを含め冬鳥の数が増えてきました。
 鳥たち : 31種
オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、タヒバリ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、ツグミ、ジョウビタキ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、アオサギ、カルガモ、コガモ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、オオバン
ノスリ
急に視界に。何とかピントが合いました。
ノスリ  エナガ  アオジ
数が増えてきました。 
 
11月11日 晴れ 8:30-11:30
 今日は、秋ヶ瀬公園に行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
11月10日 晴れ 12:35-15:00 A地区 C地区
 今日は、午後からの出動。近所の芝川では、カワセミがあちこちでサービス。中州に久しぶりのイカルチドリが佇んでいました。その後、調節池へ。電線にシメ。声は1週間前から聞こえていましたが、姿は初めて。ミサゴ狙いのカメラマンが多数来ていましたが、出は悪いようです。常連さんによれば、チュウヒは通過のみ、ベニマシコは複数入っているようです。残念ながら声すら聴けませんでした。
 鳥たち : 28種
キジ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ハシブトガラス、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、マガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、オオバン、イカルチドリ
イカルチドリ
久しぶりに芝川の中州にいました。
エナガ  カワセミ  ツグミ  シメ 
 
11月7日 晴れ 8;50-12:25 A地区 
 久しぶりに大宮公園へ。そろそろビンズイでもと思ったが公園内はヒヨドリとハシブトガラスの声のみ。時々、ウグイスの笹鳴き、カラ類の声。池にはカイツブリキンクロハジロ、、オナガガモ。収穫もなさそうなので、自宅近所の芝川へ。葦の藪の中に今季初のヨシガモ2羽。1羽は白っぽく、幼鳥?。先週から1週間以上いるカンムリカイツブリはボラらしい魚を捕まえていました。
 鳥たち : 28種
キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、オナガ、ハシブトガラス、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、オオバン、バン
ヨシガモ
今季初です。
ヨシガモ  キンクロハジロ 
肢に青いバンドがついています。
 カンムリカイツブリ
 
11月5日 晴れ 8:00-10:30 A地区 B地区
 自宅近くの芝川で今季初のオカヨシガモアオジ。増々、冬鳥が増えています。今日は、膝子の田んぼまで足を延ばしミヤマガラスの到着を確認しに行きましたが、ハシボソガラスの群のみで姿は無し。カラスに追われるチョウゲンボウ。風が強く、早々に引き揚げました。
 鳥たち : 30種
チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ウグイス、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、アオサギ、ダイサギ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、カンムリカイツブリ、オオバン
オカヨシガモ
芝川で今季初です。今日はアオジも。
セグロセキレイ  ハクセキレイ  コガモ  カンムリカイツブリ  チョウゲンボウ 
 
11月3日 晴れ 10:05-12:00 C地区 A地区
 リフォーム業者との打ち合わせ等の合間に、見沼を巡回してきました。写真はありませんが、調節池では久しぶりにハイタカ雌が上空を通過していきました。樹上からは今季初のシメの声。土手上にはミサゴ狙いのカメラマンが多数。半周して時間切れ。帰宅途中に自宅近所の芝川でこれも久しぶりのクイナに出会えました。
 鳥たち : 27種
ハイタカ、キジバト、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ウグイス、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、アオサギ、ダイサギ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオバン、クイナ



2017年10月

10月31日 曇時々晴れ 11:15-14:20 A地区 C地区
 家をリフォームするため仮住まいに転居しました。引越し作業が落ち着いたので、鳥見を再開。まずは近所(仮住まい先は自宅近く)の芝川へ。なんとカンムリカイツブリ1羽が浮かんでいました。10数年近辺を散策していますが、調節池以外では初めてです。その後、調節池へ。ジョウビタキの声があちこちで聞こえます。チョット配色の異なるジョビ娘さんがいました。新種?。アリスイも2-3羽がほぼ同じ場所でケレケレ鳴いています。池にはカンムリカイツブリハジロカイツブリが到着。鳥見の方人と雑談していると北の方からミサゴ。池を一周した後、豪快にダイビング。大きな魚をゲット。でも、最近は大きな木が枯れ死してしまい食事するためにとまる木がなく、結局飛び去ってしまいました。鳥見の方の話ではベニマシコオオジュリンも来ているらしい。鳥見人にとってわくわくする季節に突入です。
 鳥たち : 31種
ミサゴ、ハヤブサ、キジバト、アリスイ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、マガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオバン、イソシギ
ミサゴ
大きな魚をゲット。でも食べるために
とまる木がなく調節池の外に飛び去りました。

ジョウビタキ  ジョウビタキ?
雌とは思いますが、
雨覆が橙色。 
 アリスイ カワラヒワ  ハヤブサ 
カンムリカイツブリ
自宅近くの芝川に浮いていました。首回りにまだ夏羽。
ここで見たのは初めて。 
 
 
10月27日 晴れ 11:20-12:45 A地区 B地区
 野暮用の合間に、冬鳥の到来の有無をみてきました。昨日はツグミが到着し、そろそろジョウビタキが来ているのではと、ポイントを巡ってみました。墓地の方からヒッヒッヒの声がかすかに聞こえてきました。残念ながら姿は見えませんでしたが、到着している模様です。秋の渡りのヒタキ類がまだ残っていますが、まもなく旅立ち、冬鳥がドットやってくるのではないかと期待しています。
 鳥たち : 12種
キジバト、カワセミ、コゲラ、セグロセキレイ、モズ、ヒヨドリ、コサメビタキ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、スズメ、ハシブトガラス
クロコノマチョウ
見沼では何年振りかの出会いです。
最近の温暖化で関東でも時々見かけます。
 コサメビタキ
 
10月26日 晴れ 7:40-9:40 B地区 A地区
 朝からよく晴れ上がった秋空。見沼自然公園周辺を散策してきました。気温は低く、ヒヨドリの声が一層賑やかとなり見沼も冬が目の前。柿の木に今季初のツグミ。例年11月に入ってから確認されていましたが、今季は少々早いようです。
 鳥たち : 22種
キジバト、コゲラ、ハクセキレイ、キセキレイ、モズ、ヒヨドリ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、スズメ、カケス、ハシブトガラス、カワウ、アオサギ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オオバン、バン
ツグミ
今季初です。10月中に確認できたのも初めて
 ホオジロ キセキレイ 
 
10月24日 曇 8:45-14:00 C地区 B地区
 昨日は台風一過の晴天。自宅近くの芝川に出かけたら、水位は2m近く増え、土手からあふれんばかりでした。今日は、さすがに水位は下がり、川の流れもいつものようにゆったり。台風に運ばれて珍しい鳥でも来ていないかと第一調節池へ。ここも水位があがり湖状態。風もない穏やかな天気にホシハジロやキンクロハジロの大きな群れが浮かんでいました。鉄塔には久しぶりのハヤブサ。もういなくなったかと思ったノビタキやアリスイも残っていました。その後、移動したポイントのミズキには、いまだにキビタキが居残っていました。明日は、また冷たい雨。
 鳥たち : 27種
ハヤブサ、キジバト、カワセミ、アリスイ、モズ、ヒヨドリ、ノビタキ、キビタキ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、オオバン
アリスイ
ノビタキ 
ススキ(オギ?)がよく似合う。
アリスイ   キビタキ ハヤブサ 
鉄塔で居眠り。
カイツブリ親子   
 
10月18日 晴れ
 今日は、横浜の公園にメジロガモを観に行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
10月17日 曇時々晴れ間 13:35-15:40 B地区
 雨が続く日々でしたが、午後1時ころより雨が上がり久しぶりに鳥見に出かけました。今日は、見沼自然公園とその周辺を2時間ほど散策しました。林の中は、渡ってきたヒヨドリの声に満ち、冬の鳥見の様相。渡りの小鳥の姿はないものの池にはコガモ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモが浮かんでおり、オナガガモ雄は冬羽に換羽中。マガモは今季初。コセンダングサやセイタカアワダチソウには、ウラナミシジミが大発生。雨が上がったせいか、皆、一様に羽を広げて日干し中。明日までの晴れ間を楽しんでいるよう。
 鳥たち : 20種
キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、カルガモ、コガモ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ
ホオジロ
熟すにはもう少しかかりそうです。
 ヒドリガモ マガモ ウラナミシジミ  ルリシジミ
モンシロチョウ キタテハ   イチモンジセセリ    
 
10月11日 曇 9:50-11:50 A地区 B地区
 久しぶりに見沼を散策。ミズキの実も少なくなってきましたが、まだまだキビタキが訪れています。
 鳥たち : 12種
キジバト、ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、ヒヨドリ、キビタキ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、スズメ、ハシブトガラス、ダイサギ
キビタキ♂
まだ元気にミズキの実を食べに来ています。
 キビタキ雌
 
10月10日 晴れ
 今日は、伊佐沼にヨーロッパトウネンを観に行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ
 
10月7日-9日
 粟島(新潟県)に秋の渡り途中の小鳥にあってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
10月5日 晴れ 7:30-8:45 11:20-16:05 A地区 B地区
 今日は、300mmにテレコンX1.4の軽装備でウォーキング中心で秋の小鳥を探してきました。公園の池に今季初のヒドリガモ1羽。ミズキには、キビタキの雄と雌。1時間ほどの間に雄が5‐6回訪れ、まさにキビタキデー。でも軽装備のせいかややピントが甘い。3時過ぎに自宅近くの芝川へ。一昨日見ていたが、今日もノビタキ1羽がフレンドリーに近くを飛び回ってくれました。水面にはコガモが3羽。土手には、なぜか多数のハクセキレイとセグロセキレイが飛び交っている。土手の長く伸びた草を刈ったせいで、虫が出てきているのか。
 今日は、軽装備のせいか、13000歩も歩いてしまいました。
 鳥たち : 27種
キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、ヒヨドリ、ノビタキ、キビタキ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ゴイサギ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オオバン
キビタキ♂
今日は、キビタキ雄が大サービス
キビタキ♂  キビタキ♀ 
キビタキ♀  ノビタキ  カワセミ 
 ヒドリガモ
今季初です。
コガモ  ゴイサギ
川の上を7羽のゴイサギ成長と幼鳥が群れで
飛んでいました。 
チュウサギ  ウラナミシジミ 
 
10月3日 曇時々晴れ 10:00-12:40 A地区
 今日は久しぶりに、市民の森と大宮公園に行ってきました。市民の森では、それまでどんよりしていた空が急に開けて強い日差しが降り注ぎ、体感温度は夏並み。鳥たちも暑いのか姿を見せてくれない。周辺の畑なども散策したが気配すらない。仕方なく大宮公園に移動。ボート池も閑散としていたが、今季初のオナガガモ1羽が浮かんでいました。カイツブリの親子が数組。時折、水浴びを見せてくれました。池周りの桜の木にシジュウカラの群れに混じってヤマガラ(声)、コサメビタキ、コゲラ。今日の収穫でした。
 鳥たち : 15種
キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ヒヨドリ、コサメビタキ、シジュウカラ、ヤマガラ、スズメ、オナガ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カルガモ、オナガガモ、カイツブリ
オナガガモ
今季初認。
1羽だけ浮かんでいました。
コサメビタキ  カイツブリの水浴び
幼鳥(右)は、まだぎこちない 
ジャコウアゲハ  ツマグロヒョウモン 
 
10月2日 曇 9:00-12:40 A地区 C地区
 曇り空ですが、鳥見には目に優しく最適。調節池に行く途中のいつもの公園に寄り道。キビタキの地鳴きが聞こえる。藪の中を素早く渡り飛ぶキビタキ雌。しばらくしてミズキの実を咥えて目の前にとまってくれました。高い木のテッペンには2羽のコサメビタキ。他にカメラマンもおらずじっくり観察と撮影。調節池ではアリスイ狙いで10人くらいが待ち受け。すぐにモズアリスイの2ショット。昨年もそうでしたが、ここのアリスイはモズと仲良しのようです。ノビタキのポイントに行きましたが、今日は現れてくれず、その代わり久しぶりのセッカに出会えました。池にはユリカモメが1羽来てゆったりと飛んでいました。その後、自宅近所の芝川に移動。川沿いにノビタキ1羽。カワセミのダイブも見られ、今日も充実した見沼でした。今季初の29種を確認。
 鳥たち : 29種
キジバト、カワセミ、コゲラ、アリスイ、モズ、ヒヨドリ、セッカ、ノビタキ、キビタキ、コサメビタキ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、オナガ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、オオバン、バン、ユリカモメ
キビタキ♀
目の前にとまったキビタキはミズキの実を
咥えていました。
カワセミ  キビタキ 
コサメビタキ  アリスイwithモズ   アゲハチョウ  

2017年9月
 
9月29日 晴れ 9:00-13:45 C地区 A地区 B地区
 今日も晴天に恵まれ、秋の渡りの小鳥を期待して、まずは調節池へ。池の水位は高くほとんど水浸し。タカがよくとまっていた木はなくなり大きな池と化していました。土手の荻にノビタキ2羽。今季、見沼では初めてです。昨季は全く出会えなかったので、少々感激。池には、これも今季初めてのコガモとホシハジロ。池を一周後、キビタキ等が来ているポイントへ。ミズキの木の周辺にキビタキ♀。遠くの高い木に今季初のコサメビタキ。30分程度で次のポイントへ。ここでは雄のキビタキが一瞬だけ姿を見せてくれ、証拠写真をゲット。見沼のいたるところでモズの高鳴き。冬鳥もやってきて益々秋めいてきました。
 鳥たち : 24種
キジバト、カワセミ、ツバメ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、ノビタキ、キビタキ、コサメビタキ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、オナガ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、オオバン
ノビタキ
見沼にもキビタキが来ました。2羽確認。
昨年は一度も会えませんでした。
ノビタキ  サギ 
50まで数えて
あきらめました。
ホシハジロ 
キビタキ 雄と雌 ヒメアカタテハ  モンキチョウ   
 
9月27日 晴れ 9:50-12:25 B地区
 鳥見旅行のため1週間ぶりに見沼を歩いてきました。今日は、B地区のお寺回りや田んぼを少々時間をかけて約11000歩じっくり歩きました。秋の渡りの鳥は少なく、カメラマンの数の方が多そう。少々粘って、シジュウカラの群れに混じってキビタキ♀の姿を確認できましたが、エゾビタキ等、他の鳥は見つかりませんでした。田んぼや畑回りでノビタキの姿を探しましたが、まだ来ていないのでしょうか。一昨日訪れた八島湿原では多数残っていたので、まだ山から下りてきていないのかも。ヒヨドリは、確実に増えてきています。

 鳥たち : 18種
キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、キビタキ、シジュウカラ、ホオジロ、メジロ、ムクドリ、スズメ、カケス、
ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、チュウサギ、カルガモ
チュウサギ
9月に入って、よく見かけます。
ダイサギ、コサギより多いかも。
 
9月22日〜25日 
 白樺峠、乗鞍岳にタカの渡りとライチョウを観に行ってきました。
 興味ある方はこちらからどうぞ。
 
9月21日 晴れ 7:40-11:10 B地区
 終わりかけたヒガンバナにアゲハチョウやカラスアゲハが来ていました。ヒガンバナが終わると本格的な秋に突入です。秋の小鳥の第一陣は通り抜けてしまったのでしょうか。ポイントを絞って3時間粘りましたが、全く姿を見せてもらえませんでした。シジュウカラだけが元気に桜の木を渡り飛んでいました。
 鳥たち : 11種
キジバト、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、チュウサギ、カルガモ、オオバン
シジュウカラ
今日は、秋の鳥に出会えませんでした。
アゲハチョウ  カラスアゲハ  ツマグロヒョウモン 
 
9月19日 晴れ 6:35-8:20 A地区 B地区
 今日は2日続きの晴天。ポイントを絞って短時間で秋の渡りの鳥たちを見てきました。オオルリ雄若鳥がミズキに来ていました。近くにはエゾビタキやキビタキ♀も来ており、他に鳥見人もいないため独り占めでじっくり観察してきました。エゾビタキはトンボや毛虫などを捕食しており、ミズキの実には興味はなさそう。オオルリは葉陰に隠れるばかりで一回だけしか姿を見せてもらえませんでしたが、ミズキの実を捕食しているようでした。色の鮮やかな方も来てくれればとは思いますが、贅沢ですね。
 鳥たち : 7種
コゲラ、モズ、シジュウカラ、エゾビタキ、キビタキ、オオルリ、ハシブトガラス
オオルリ雄若
ミズキにシジュウカラと一緒にやってきました。
キビタキ  エゾビタキ
2枚目右下はキビタキ 
ノハラアザミ 
 
9月15日 晴れ 9:20−12:45 A地区 B地区
 雲は多いものの、晴れ。今日も秋の渡りの鳥を期待して鳥見散策。毎年エゾビタキが訪れる公園に3-4羽のエゾビタキが到着していました。まだ警戒してか木の高いところをうろうろするだけで下の方には降りてこない。たまにフライキャッチの仕草が見れる。ツツドリは、とうとう立ち寄ってくれなかったようです。その後、見沼自然公園に移動。ここでも渡りの途中のキビタキのメスに出会えました。田んぼわきの木立ではモズが高鳴き。用水沿いにはヒガンバナが咲き始め。とうとう見沼も秋になりました。
 鳥たち : 17種
コゲラ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、エゾビタキ、キビタキ、シジュウカラ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、カルガモ、オオバン
ヒガンバナ
一斉に咲き始めました。
エゾビタキ  キビタキ♀  モズ 
 
9月13日〜4日 晴れ
 今日は、奥日光に車中泊で行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ
 
9月10日 晴れ
 今日は、秋ヶ瀬公園とその周辺の田んぼ、伊佐沼でシギチを観てきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
9月8日 曇
 今日は、秋ヶ瀬公園でツツドリを観てきました。
 興味ある方はこちらからどうぞ。
 
9月5日 曇時々晴れ 9:05-12:35 A地区 B地区
 昨晩、ようやく車の修理が完了し、今日は車で見沼を一巡。相変わらず渡りの鳥の姿はないものの、アキノノゲシ、タカサブロウ、花の世界は秋っぽくなってきました。久しぶりにオナガが近くに来て、被写体になってくれました。
 鳥たち : 8種
キジバト、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ、ダイサギ、カルガモ
アオサギとカルガモ
背景はアサザ
オナガ  ウラギンシジミ雄  ヒメウラナミジャノメ
with イヌキクイモ 
アキノノゲシ  オオイヌタデ  タカサブロウ  ヤブツルアズキ   
 
9月3日 晴れ 9:30-11:40 A地区 B地区
 今日も秋の渡りの鳥を期待して自転車で散策。気温は低いものの日射は強く、まだ季節は夏です。相変わらずセミの声は喧しく、鳥の姿は無し。公園の池周りではトンボが元気に飛び回っています。今日は久しぶりにアジアイトトンボとベニイトトンボに出会えました。ツル性植物のイシミカワは散歩道の両脇に覆いかぶさるように繁茂し背の低い野草は押しつぶされています。ただ、そのブルーの実はなかなかきれいです。
 自転車での移動は疲れます。早く車が戻ってきてくれないかな。
 鳥たち : 4種
キジバト、ハクセキレイ、ハシブトガラス、カルガモ
ベニイトトンボ雄
アジアイトトンボ
(3枚目は雌) 
ショウジョウトンボ ヤマトシジミ 
ヒメウラナミジャノメ  イチモンジセセリ  アオスジアゲハ  イシミカワの実  ツルマメ
5mmほどの小さな花 
 
9月1日 晴れ 12:00-13:30 A地区
 晴れてはいるのに気温は秋。午前中の野暮用を済ませて自転車で一巡り。林周辺はツクツクホウシの大合唱。おかげで鳥の声は聞きにくく確認できたのは4種のみ。そのかわり久しぶりにゴマダラチョウやナガサキアゲハに出会えました。ゴマダラは数が激減し、食草(エノキ)を同じくするアカボシゴマダラが代わって激増。ナガサキアゲハは、普通にみられるようになってきました。野の花も以前見られた花が見られなくなり見沼のどこへ行っても同じ種類の野草、外来種ばかりで寂しい限りです。見沼用水の斜面林は宅地造成が進み、数か所で保護されているもののこれも寂しい限り。それでも、見沼を散策していると何かしらの発見があり、見沼の近くに住んでいてよかったとつくづく思う次第です。
 鳥たち : 4種
キジバト、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオサギ
アオサギ
黄色い花はアサザ
ハシボソガラス  ゴマダラチョウ
近年では希少種に
なってしまいました。
 
コミスジ  ナガサキアゲハ 
ますます増えています。
シオカラトンボ  タイワンホトトギス