見沼散歩日誌

その日に観察した花や野鳥、昆虫を紹介します。
一部写真にもリンクされています。
素人なので間違っていたら教えてください。


自然環境が失われつつある見沼。そこに息づく花や、鳥、昆虫の写真をなるべくたくさん紹介していきます。

2018年 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2017年 1月  2月 3月 4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
2016年 1月  2月 3月 4月   5月  6月  7月  8月  9月 10月  11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

    

HOMEへ戻る。

見沼の地図はこちらからどうぞ。

                                                  見沼で観察された月々の鳥のリストはこちらから
月々の花のリストはこちらから

2018年7月
観察種のうち太字で書かれた種は、その季節初めて観察されたもの


7月22日 晴れ 10:00-11:20 17:30-18:30 B地区 A地区
 いつまで続くんでしょうか。この酷暑。暑いことにかこつけて家に閉じこもっていると、ぼけ老人になりそうなので熱中症対策を万全にして鳥見をしてきました。といっても鳥の声は聞こえずニイニイゼミの声ばかり。その中にヒグラシの声が聞こえて少し涼しげ。公園の池には今年生まれのカルガモの群れがスイレンの中。暑そうに口を開けたハシブトガラスとハシボソガラス。トンボとチョウチョだけが元気そう。
 夕方から、コムクドリが来ていないか近所の芝川で散策。気温が少し下がって何とか凌げそう。日も短くなり5時過ぎには陽の光も夕方っぽい色に。対岸の木にムクドリの声が聞こえたがコムクドリではなかった。そろそろなのだが・・・
 鳥たち : 12種
カワセミ、キジバト、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カルガモ、オオバン
カルガモ
35度を超える酷暑の中、動いているのは
カルガモとカラスのみ。
オオシオカラトンボ  ウチワヤンマ  ショウジョウトンボ 
 
7月17日−18日 晴れ
 車中泊で奥日光へ行ってきました。巣立ち雛がたくさんいました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
 
7月13日 晴れ 16:05-17:15 B地区 A地区
 猛暑、酷暑で鳥見も命がけ。夕方、少し気温が下がってきたころ合いに見沼自然公園へ。5時に閉門とのことで池周りのみ散策。池にはオオバン。なぜかバンの幼鳥がくっついている。嘴を大きく開けたハシボソガラスが芝生に多数降り立って暑そう。30分ほどして芝川の土手へ移動。そろそろコムクドリでも来ていないかと探したが、ムクドリすらいない。久しぶりにカメラをもって見沼を歩いてみましたが、やはり、この時期鳥は少ないです。
 鳥たち : 11種
キジバト、ツバメ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、カルガモ、オオバン、バン
越夏中のオオバン
後ろについているのはバンの幼鳥?
 
6月22日−7月1日
 大変ご無沙汰しておりました。
 6月末から10日間、北海道 道東に行ってきました。91種類が確認できました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。

 見沼の散策はウォーキングを兼ねてほぼ毎日、自宅の近くの芝川沿いと畑地を中心に歩いています。「一筆啓上仕り候」と囀るホオジロの姿を探すのが楽しみです。日中は灼熱地獄で外出などとんでもない状況で朝夕の涼しい時間だけの散策です。



2018年6月

6月17日 曇 9:10-11:40 C地区
 久しぶりにクロハラアジサシを観てきました。伊佐沼では観れる機会が多いのですが、見沼では初めてでした。はじめ、黄色い嘴のコアジサシがたくさん飛んでいるなと思っていたのですが、途中で会ったSさんからクロハラと言われてよくよく見てみたらコアジサシより数はクロハラのほうが多く4-5羽はいるようです。今日はこれも久しぶりのガビチョウの声を聞きました。見沼では少ないとは思いますが、篭脱けとはいえ、もう関東近辺では普通種になっています。
 池の釣台でコガモ雄3羽が居眠りしていました。越夏しているんでしょうか。オナガガモといい、オオバンといい冬鳥の越夏が増えています。
 梅雨の中休みなのでしょうか。今日は、空はどんよりとしていましたが雨は降らず、おかげで朝から見沼のA地区C地区を15000歩ほど散策しました。
 鳥たち : 24種
キジ、コジュケイ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、メジロ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、カワウ、アオサギ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、オオバン、コアジサシ、クロハラアジサシ、ガビチョウ
クロハラアジサシ
見沼では初めて。
コアジサシも混じっていました。
クロハラアジサシ  オオヨシキリ 
 
6月13日 晴れ 8:25-12:00 A地区
 今日は、自宅から合併記念見沼公園、大宮第三公園まで、芝川沿いを歩いてきました。この時期、鳥の種類は少ないのですが、かえって、いつも普通にいる鳥たちの様子をじっくり見るいい機会です。群れを成して騒々しいムクドリもよーく見ると何気ない所作がかわいく見えます。ハシボソガラスは、嘴を大きく開けて暑さ対策。遠くでキジの声。まだ相手が見つからないのだろうか。
 鳥たち : 14種
キジ、コジュケイ、キジバト、カワセミ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス
ムクドリ
この時期、群れで、桑の実を採餌したり公園の
草原に降り立つ姿をよく見かけます。
オオシオカラトンボ  コフキトンボ  ハグロトンボ 
 
6月7日−10日 
 大洗-苫小牧航路アホウドリなど水鳥を観てきました。陸地ではエゾフクロウやアカモズも見ることができました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
6月4日 晴れ 9:10-11:30 B地区
 今日は、トンボを中心に公園等を巡ってきました。公園の池には大型のウチワヤンマ、ギンヤンマ、小型のシオカラトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボ、チョウトンボ、イトトンボはベニイトトンボ、アオモンイトトンボ。ほぼ、勢揃い。鳥の姿は少ないものの、シジュウカラ主体のエナガ幼鳥、メジロ、コゲラの混群が枝から枝へと飛び交っていました。
 鳥たち : 15種
キジ、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カルガモ
越夏中のオナガガモとオオバン
 エナガ幼鳥 ベニイトトンボ  アオモンイトトンボ
雄 
アオモンイトトンボ
雌(成熟 未成熟) 
コフキトンボ  コシアキトンボ  ショウジョウトンボ
雄と雌
チョウトンボ         
 
6月3日 
 今日は、渡良瀬遊水地に行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。

2018年5月
観察種のうち太字で書かれた種は、その季節初めて観察されたもの


5月29日 
 今日は、伊佐沼 他でタマシギを観てきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
5月27日 晴れ 9:00-12:00
 今日は、埼玉県生態系保護協会浦和支部芝川第一調節池調査会に参加してきました。集合場所でSさんがメボソムシクイの声では?とのことで、しばし耳をすましているとチョリチョリチョリチョリの特徴ある囀り。見沼では、2014年10月に秋の渡りの際に氷川女体神社で初めて観てから2度目です。この時期の見沼では「いつもの」見沼の鳥ばかりで、期待していなかっただけにうれしくなります。約3時間の探鳥で27種を確認。日陰のない暑い探鳥会でしたが、やはり観察する目が多いと確認種数も増えます。
 鳥たち : 27種
トビ、キジ、コジュケイ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、メボソムシクイ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、アオサギ、コサギ、カルガモ、カイツブリ、オオバン、バン
 
5月26日 晴れ
 今日は、山梨県の峠に行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
5月25日 晴れ
 今日は、印旛沼にサンカノゴイを見に行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
5月21日 晴れ 9:00-11:00 B地区
 5月も後半、通過していった鳥たちも目的の地に着いた頃でしょうか。見沼は、いつもの鳥たちの天国。カラスがやけに元気に見える。自然公園のオナガガモはやはり居残りそう。1時間ほど公園周りを散策したのち、見沼近くのケリのポイントへ。到着早々、ケリの方から当方の間近に飛んできてくれました。甲高い声で鳴くと遠くのほうで応えるように別の個体が鳴き返す。ペアでしょうか。場所を変えるとそこでもペアが一緒に行動していました。2ペアいるようです。毎年、繁殖しているようですので、今季もうまくいけばいいですね。
 
 鳥たち : 12種
キジバト、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カルガモ
オナガガモ
まだ残っています。
ケリ 
2ペアが呼び交わしながら田んぼを飛び回っていました。
 
5月17日 曇りのち雨
 今日は今年4回目の日光に行ってきました。。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
5月14日 晴れ
 今日は渡良瀬遊水地でオオセッカとコヨシキリを見てきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
5月11日 晴れ 13:55-15:15 B地区 A地区
 今朝、近所の芝川で今季見沼で初めてオオヨシキリの声を聞きました。
 午前中の野暮用を済ませて午後から短時間でしたが、久しぶりに見沼自然公園に行ってきました。池にはカルガモ程度しかいないだろうと思ったらオナガガモが残っていました。まさかオオバンと一緒に越夏するのでしょうか。
 畑の畔にはいろいろな花(ほとんどが外来種ですが)が咲きそろい鳥枯れの時期の目の保養になります。
 鳥たち : 16種
キジバト、ヒバリ、ツバメ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ウグイス、オオヨシキリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
オナガガモとオオバン
未だにオナガガモが居残っています。
オオバンは、ここ数年、越夏しています。
 ヒバリ オナガガモ  キハナショウブ  キツネアザミ  アメリカフウロ  シオカラトンボ 
 
5月9日 曇 15:45-17:15 A地区
 5月とは思えない寒い日々。雨も降り、鳥見はお預け。5月に入って何回か、ムナグロを確認に行ったものの、2日に3羽確認してから1羽も見ていません。ほぼ全面に水の入った田んぼに水鳥はコチドリカルガモのみ。その他、ハクセキレイ、セグロセキレイヒバリ、ムクドリ、ツバメ。2日にはいたタシギも見えない。晴れ間が見えるのは明日の午後から?ところで、芝川にオオヨシキリの声が聞こえません。葦がまばらになって隠れる場所がなくなったせいでしょうか。渡良瀬ではうるさいほどだったのに・・・
 鳥たち : 17種
キジ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、カルガモ、コチドリ
コチドリ
水の入った田んぼにポツン
 
5月6日 晴れ
 今日は、渡良瀬遊水地でオオセッカを観てきました。
 興味のある方は、こちらからどうぞ。
 
5月1日 晴れ
 山梨県の某所でコマドリやコルリを観てきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。


2018年4月
4月27日−28日
 1泊2日の車中泊で日光に再度行ってきました。まだアトリやマヒワ、キレンジャクなど冬鳥が残っていましたが、キビタキやオオルリが到着していました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
 
4月29日 晴れ 6:50-8:15 A地区
 27日と28日は奥日光に行ってきました。詳しくは近日中にアップしますが、キレンジャクやアトリ、マヒワなどの冬鳥が残っている一方、オオルリやキビタキ、サンショウクイ、センダイムシクイなどの夏鳥が同時に観られました。
 今朝、ようやくムナグロの到着を確認できました。昨年も遅かったのですが、例年より1-2週間遅れでしょうか。水の入りかけた田んぼでしきりに動き回っていました。時折、ミミズを捕えるところが見れました。
 鳥たち : 10種
キジ、ヒバリ、ツバメ、ツグミ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ダイサギ、ムナグロ
ムナグロ
9羽確認できました。昨年とほぼ同じ時期、
例年より1週間から10日ほど遅い到着です。
 ムナグロ  キジ
なじみとなったキジ君
ツグミ
まだ居残っています。 
 
4月23日 曇 6:25-8:05 C地区
 そろそろムナグロが来ているのではと、近所の田んぼまで朝の散歩に出かけてきました。例年なら田んぼに水が入る前からムナグロが来ているのですが、今年は遅れているようです。ヒバリとツグミ、それとドバトの群れのみ。芝川の土手はセイヨウカラシナの黄色の花が咲き誇り、スズメとホオジロが花に埋もれていました。
 鳥たち : 16種
キジ、キジバト、カワセミ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、セグロセキレイ、ツグミ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、カワウ、コガモ
花に埋もれて
スズメとホオジロ
 
4月22日 晴れ 9:00-12:20 C地区
 埼玉県生態系保護協会浦和支部芝川第一調節池調査会に参加してきました。真夏並みの気温になるとの予報でしたが、歩き始めから気温が高くシャツの袖をめくっての出発でした。この時期、シマアジやコムクドリなどが期待されます。約2週間ぶりとなりますが、池に浮かぶ水鳥の数はめっきり減っていました。でもキンクロハジロやコガモはそこそこの数が居残っており、オカヨシガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、カンムリカイツブリも少数ですが残っていました。前回は数十羽もいたユリカモメはゼロ。この時期36種は多いほうでは。
 気候のせいか蝶は、ギンイチモンジセセリ、ツマキチョウ、ナガサキアゲハなど会全体で16種類を確認。
 鳥たち : 36種
トビ、キジ、コジュケイ、キジバト、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、アオサギ、コサギ、ゴイサギ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、オオバン、バン、コチドリ
 
4月20日 晴れ 6:45-8:00 A地区
 今日は朝から天気が良く、空気が爽やか。散歩がてら毎年ムナグロが来る近所の田んぼまで往復してきました。芝川には、まだコガモが残っており、干潟にはコチドリが遊んでいました。畑回りではヒバリのさえずりがうるさいくらいに聞こえてきます。この時期の見沼ではキジの声が彼方此方からよく聞こえます。目的のムナグロは結局見つけられず例年より遅れているのかもしれません。
 鳥たち : 17種
キジ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カルガモ、コガモ、コチドリ、オオバン
キジ
急に目の前に飛び出てきて、当方に気づいた
のか、固まってしばし不動の姿勢。
コチドリ 
 
4月16日−17日
 夏鳥を求めて日光に行ってきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。
 
4月12日 晴れ 8:20-10:15 A地区 B地区
 今日、何年かぶりにツマキチョウの写真を撮りました。夏から冬は蛹で過ごし、春のこの時期のみ成虫として現れます。タネツケバナやナズナなどを食草としており、よく菜の花の周りを弱弱しくひらひら飛んでいます。30-40年前には見沼では普通に見られたのですが、最近は見つけるのに苦労します。
 芝川沿いの植木畑でオオアカハラを観ました。今期、アカハラは例年に比べ少なかったように思います。見沼では、まだツグミやシロハラ、シメ、コガモなどの冬鳥が見られますが、この時期は移動途中の鳥もいるので、見沼で冬を過ごした個体かどうかはわかりません。
 鳥たち : 22種
キジ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、アカハラ、シロハラ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、カワウ、コサギ、カルガモ、コガモ、オオバン
ツマキチョウ♂
久しぶりです。弱弱しい飛び方なので
遠くからでも判別できます。
 ホオジロ シロハラ  ツグミ 
 
4月10日 晴れ 7:20-10:25 B地区 C地区 A地区
 今日は、いつものウォーキングの範囲を広げて各地区のポイントを歩いてきました。今回は写真はありません。肌寒い陽気でフリースを重ね着が必要でした。公園の池のカモはまだ残っているもののかなり減少。ヒドリガモが主体でオナガガモは1羽のみ。2月初めころに巣作りをしていたエナガが同じ場所で育雛中。せっせと虫を運んでいました。もう少しでエナガ団子が見れるかも。でも巣の近くでマナーの悪いカメラマンが数名。無事に巣立つことを祈念。公園内を巡って名残の冬鳥を探しましたが、シメツグミのみ。その後、調節池へ移動。遠くでベニマシコの声が聞こえるが姿は見えず。ウグイスの囀りが本格的になってきました。大池には前回来た時と同じくハシビロガモキンクロハジロの大きな群れが浮かんでいましたが、マガモやオカヨシガモ、ホシハジロなどのカモ類の姿は確認できませんでした。ユリカモメは相変わらず30羽近くが飛び交っていました。すっかり夏羽に換羽したカンムリカイツブリが数羽。
 冬と夏の端境期のため鳥見人にとっては暇な時期ですが、あと10日ほどすればキビタキやオオルリなどの夏鳥が渡ってきます。楽しみです。 
 鳥たち : 34種
キジ、キジバト、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、オオバン、ユリカモメ
 
4月4日−8日 
 また石垣島に行ってきました。今回は3家族で観光中心の旅行でした。
 興味のある方は、こちらからどうぞ。
 
2018年4月2日 晴れ 
 2017年度が終わり18年度が始まりました。旧年度の見沼ではコクマルガラスを新たな確認種として追加し130種となりました。また、見沼の外の近場では、メジロガモ、ヤツガシラ、アカハシハジロ、乗鞍岳でライチョウ新潟県粟島コウライウグイス、コホオアカ、ホシムクドリ、ムギマキ、更に、初めて探鳥目的で訪れた九州でマナヅル、カナダヅル、クロヅル、ツクシガモなど9種、八重山諸島で13種が追加され、昨年度1年間でライファーが31種(他に12亜種、3外来種を視認)増え、現在260種となりました。大成果の年でした。退職して暇になったおかげです。
 今年も、四季折々の見沼の様子を報告していこうと思っています。まだまだ見ていない鳥たちがたくさんいますので、さらにライファーを増やしていきたいと思っています。拙いホームページですが、今年度も懲りずにご笑覧いただければ幸甚です。

 今日は、秋ヶ瀬公園に名残の冬鳥を探してきました。
 興味ある方は、こちらからどうぞ。